生活

コインパーキングでよくある料金トラブル

私の友達の体験談ですが、先日こんなことがありました。

友達
友達
前さー、コインパーキング24時間最大1000円のところ使って3日くらい旅行行ったんだけど、3000円って見積もってた請求が実際9200円だったんだよね・・・ありえなくね?

それって・・・ちょっと前にニュースでやってたやつじゃん・・・

この問題が発生した理由

コインパーキングの看板は表記しておかなければならない表記が9つあります。

①通常料金

②最大料金

③曜日

④時間

⑤特別料金

⑥繰り返しの有無

⑦問い合わせ先

⑧駐車場名

⑨会社名(ブランド)

だいたいの人は⑤と⑥以外は何のことかすぐわかると思います。

そして、今回注目すべきはこの⑥の繰り返しの有無なんですね。

⑤の特別料金は駐車場の入れるマス(車室)ごとに料金が違う場合に使われていることがあります。

繰り返しの有無とは

この表記は最大料金の近くに実はこっそり書いてあります。

だいたいの人は1時間あたりの料金や最大料金の色が違うのでそちらだけに目がいっちゃいますよね。でも絶対に見てください!

参照:日本パーキングビジネス協会

「時間貸し駐車場における表示・運用に関するガイドライン」より

赤く囲った部分に記載されているのが繰り返しの有無です。

ここが繰り返し有りなのか無しなのかを必ず確認し、無しの場合は何時間までが定額料金で何時間後に通常料金が発生するのかを必ず確認しましょう。

繰り返しが無い場合は入庫後一定時間で通常料金に戻り、どんどん追加されていきます。

わたしの友達の場合はこのパターンで、最初の24時間が1000円、その後は通常料金の1時間100円をずっと取られていたわけですね。

もしこれがもし繰り返し有りだった場合は規定時間が過ぎればまた一定時間ごとに定額になり、今回の友達のケースに当てはめると3000円で済んでいたという話になるわけです。

友達
友達
まじかよ・・・繰り返しの表記をもっと目立つように書けよ・・・

まとめ

コインパーキングに限りませんが、注意書きというのは小さく書いてあることが多いです。

この件は「詐欺だ!」というニュースにもなり、多くの方が問い合わせしたみたいなのでみなさんも騙されないように(※詐欺ではない)見るべきポイントは覚えておいてください!