生活

【地震への備え】私がやっている最低限の準備

地震の国と言っても過言でない日本。

世界で十数枚しかないプレートのうちの4つに取り囲まれているのが原因なのですが、先日も大阪の北部でも少し大きな地震がありました。

丁度友人が地震発生時に大阪のホテル11階に泊まっていたようで、先日一緒にご飯へ行った時に話を聞いていましたが、

友人Y君
友人Y君
まじで死ぬかと思いましたよ…。全然立つこともできないし、ホテルも新しい感じの鉄骨のホテルだったんですが、全体がミシミシいってました…。

※友人Y君は年下なので一応敬語で話してきます。

私も震度4地域にいたのですが、結構揺れてるな~という感じのみだったので震度が2変わるだけでここまで違うのか…と思いながら話を聞いていました。

ニュースなどでは南海トラフの前兆か!?などとも言われていますが、地震大国の日本にいる以上はどの地域にいても地震の被害に合う可能性はあります。

人というのは自分が危機に面しないとなかなか行動しない生き物ですが、いざという時のために事前に最低限の知識や物を準備しておくだけでも生存率が違いますのでできることはやっておきましょう。

色んなサイトでこれとこれとこれと…と色々書いてありますが、正直全部なんてやってられないのが本音です!!!(事前準備にこれで完璧!なんてないのでやれる人は完璧を目指して下さい!)

というわけで今回は私が「最低限これくらいはやっとくか~」と思って実践しているものをご紹介します。

備えておくべき知識やしておくべきこと

家具の固定

地震発生時によくあるのが、家の中にいて家具が倒れてくること。

配置などの見直しはもちろんですが、倒れてきそうなもの、倒れたら危なそうなものに関しては転倒防止のストッパーなどで固定しましょう。吊り下げの照明などがあればそれも注意!

あとガラスが飛び散ったらやばそうなところはガラス飛散防止シートを貼ると◎!

ものによりますが、単価200円~3000円くらいの金額でホームセンターにて全部揃います。

避難経路の確認

自分の住んでいる地域の避難場所や避難経路を確認しておくことは重要です。

地震に限らず災害時はネットやテレビが全く見れない状況になる可能性が高いので、発生してから調べていては遅い場合があります。

各自治体のホームページで防災マップやハザードマップが入手できるので、確認しておきましょう。

コピーして壁とかに貼り付けておくと目につきます。

また、家の中なら家のどこが安全なのかを確認しておくといいと思います!

家族との連絡手段や集まる場所を明確にしておく

被害にあった場合、状況次第では家族や身内の方とバラバラになってしまう可能性があります。

そのためにも家族や身内の方との連絡方法や繋がらなかった時の集合場所などを決めておくと便利です。

情報収集の手段を入手しておく

ラジオやテレビなどの情報収集手段がありますが、私が入れているのは「radiko」という携帯アプリです。もちろん基本無料。※月額350円で全国のラジオが聞けるようにもなる別途有料プランもあります。

これはパソコンやスマホからラジオが聴けるアプリなのでこれで手動で充電するタイプのラジオを用意しなくてもいいかなーと思っています。どうせ携帯は持って出ると思いますので!

あとはYahoo災害速報とかを見る感じになるかなと思って準備はそれくらいに留めています。

スマホが普及している今なら色んなアプリがあるので何個か見てみるといいかもしれません!

備えておくと便利なもの

続いて用意すべきものです。

被害の大きさにもよりますが、ライフラインが停止ということも視野に入れて準備しておく必要があります。

まとめてバックなどに入れておいたり、出入り口付近に置くなどすぐに外にでれるようシミュレーションした上で準備しましょう!

飲料・食料

飲料は主にですね。市販のペットボトルなどでもいいのですが、災害用の飲料として10年水や5年水といった長期保存が可能なものが売っています。私はアマゾンや楽天の通販で購入しました。

食料で代表的なのはカンパンなどの缶詰やカップ麺です。その他にはメーカーが出している25年保存食などもあるので見てみるといいかもしれませんね!

バックの中に入れっぱなしの主な生活用品など

日用品ですが、これも災害でライフラインが止まっていることを想定した最低限のものを用意しています。

もちろん人によってはこれはいる、いらないはあると思いますが、あまり荷物にならないようにしましょう。

ちなみに防災用に用意したバックの中に入れっぱなしを想定しています。

・軍手(手の保護を考えて皮製)

・衣類(あまり着なくなったやつ)

・懐中電灯(年に1回くらいは点灯するか確認)

・タオル

・ウェットティッシュ

・ポケットティッシュ

・携帯トイレ

・カイロ(有効期限は2~3年なので注意)

・ビニール袋

・床に敷くシート

・水が不要な洗面道具(歯磨きシートや水のいらない石鹸など)

・救急用品(バンドエイド・マスク・包帯)

・生理用品(女性のみ)

バックの外においてあるもの

バック内のものほど多くはないですが、何を持って出るかを頭の中で整理しておくことはとても重要です。私の場合はこちらになります。災害マップと一緒に壁にはっておくと意識しやすいです。

・ヘルメット(折りたたみのものもあるので、入るならバック内でもOK)

・携帯電話

・携帯充電器

・貴重品(財布、通帳・手帳類、印鑑)

・救急用品(常備薬)

まとめ

冒頭にも書きましたが、とりあえず私が用意しているのは最低限かなと自分で思うものです。

緊急時に荷物がありすぎて身動きがとれないということになっても困るので…。

そして少し余談で、先日の大阪の地震発生直後の話(これも友人談)

友人Y君
友人Y君
ちょっと落ち着いてとりあえず外にでないとって思って外にでたんですが、まず飛び込んできた景色は外国人の方が慌てている姿と日本人の何事もなかったのようにスーツで出社している光景でした…

…地震も心配だけど、私は日本の未来も心配です…。